夜月さんの多分はうす

夜月さんの「夜月」はyaduki

入院しました。(7カ月ぶり4回目)

こんばんわ。夜月です。

いやこんばんわじゃないな。タイトルは。

高校時代から付き合いのあるやつはよく知ってると思いますが、私は18なのにも関らず3回入院したことがありました。今回で4回目です。本当にありがとうございました。

...と、前提として「私(夜月)が18歳で過去に3回入院をしている」ということを念頭に入れて今回の記事はお読みください。愚かさが分かる。

 

ということでここから本文。タイトル通り4回目の入院をしました。しかも同じ病気で。馬鹿か???? 

というのはさておいて、今回の記事ではどうして入院したのか、入院はどういう感じなのか、看護師はエロいのかを書いていきたいと思います。(打ち消した奴はおふざけで書いただけです。大目に見てね。)

まぁ順番通り消化していきますか。どうして入院したのか。

流石に病名だけだと面白味と文字数パンチがないので、軽い症状・原因の説明と対策も書かせていただきます。なったのは急性膵炎。高校から私と付き合いがあるやつには聞き馴染みがあるかもしれません。(本来はあるべきではない。)どのような症状かは文字の通り、膵臓が急激な炎症(厳密には膵液の過剰分泌により自身の内臓を溶かします。)を起こすものです。もちろん痛みはある。当然だけど入院するぐらいひどいものなので結構痛い。膵臓の場所が場所なので最悪背中まで痛みが出るそうです。私は2回目になったときが一番ひどかったですがその時でも背中までは痛くなりませんでした。多分余程酷いんでしょう。本来ならね、アルコールの取り過ぎによって肝臓が胆汁作りすぎて膵臓も膵液出し過ぎてなる~~~~~ってのが多くの人がなるパターンなんですけど、私は違います。何故なら18歳で法律上酒が飲めないので。身近の未成年で飲んでるやつがいたら警察に突き出してください。普通に未成年者飲酒禁止法違反なので。

話がずれた気がするので軌道修正。ではなんで私はなったのかの原因、それは単純明快。脂質の取りすぎです。脂質を消化するのはリパーゼという消化酵素なのですが、こちらは膵液に含まれています。聡明な皆さんなら必然と解は導くことができるでしょう。脂質の取りすぎ→脂質を分解するためリパーゼを含む膵液が多く分泌される→膵臓を焼く→完。だいたいいつもこの流れです。馬鹿だねぇ。(誰目線?)

まぁ対策としてはアルコール・脂質を取り過ぎないでしょうか。基本的にはアルコールを取り過ぎないように管理すればいいと思います。脂質を気にするのなんて私しかないでしょうし。

膵炎の話はこれぐらいで、入院はどういう感じなのか、という話に移りましょう。

とは言っても、入院する症状によるんですよね。内臓系なら食事制限されるし患部によっては誇張表現抜きにベッドに貼り付けにされるし。骨折ったとかなら全然そんなことないだろうし。まぁ内臓系前提で今回は書かせていただきます。多分入院するなら内臓やらん限りあり得んと思っているので。症状の酷さは仮定しませんが、一応私の実経験で一番やばかった(症状が)2回目と今回の2パターン分書かせていただきます。あと幹部の痛みは書きません。これもまちまちだし。点滴とか他のは書くけどね。

まずは2回目のパターンから。

2回目は計3週間の入院で、病状としてはクソ酷だったので、初手1週間ICUでした。

ICUは集中治療室。余程命に関わってないとまず入りません。まぁ知ってるでしょうけど一応念のため。ICUでは、クソデカイベッドに貼り付けにされてました。点滴は4つぐらい刺してたしなんか首にカプセルみたいな奴つけられて滅茶苦茶痛いし肺には管が刺さって酸素直送りしないと呼吸できんかったし、まぁ二度としない体験ができました。酸素マスクもここで初めて付けました。この時膵臓が8割ぐらい溶けてて死ぬ1歩間際だったらしいです。ウケるね。まぁ膵臓溶けてるオマケに肺もやってたらしいので酸素直送りになったわけですが。で、ICU入ってる間は3,4日ぐらいはなにもできず、それ以降は症状も落ち着いてきたのか一日1.5時間程度のリハビリもするようになってました。リハビリはまぁ書かなくてもいいでしょ。あとにも少し書きますが、人生で一番体力の減少を感じました。マジでね、支えない状態で3歩歩くだけでぐらつくし視界は安定しないし酸欠になるの。支えになる棒みたいなのがあって酸欠以外の症状が解決されるレベル。ICU入るってのはそういうことなんだなって思いました。あとICUではスマホが使えません。そもそも使える気力もなかったけど。娯楽がテレビしかないのはマジでやばいですね。肉体より精神を蝕むかも。

で、ICUから出て通常病棟。通常病棟ではスマホが使えるので時間つぶしには困りません。ICUとの一番の差別点がここかな。基本入院してるときって症状酷いと自分でベッドから這い出ることができないのでベッド上での生活になるのですが、ベッド上でもスマホさえあれば時間を容易につぶせるようになるのでいいですね。あとは保護者や同棲してる人に何か本などを持ってきてもらうとか。私は家からFate/Zeroを持ってきてもらってスマホ触るのに飽きたら読んでました。スマホ以外の娯楽があると楽かもですね。娯楽方面はここまでで治療面、おおよそICUからは変わりません。特に最初のほうは。オムツ履かされてベッド上で排泄するぐらいでしょうか。いや。まだあったな。リハビリ。リハビリがだいたい2,3時間ぐらいに増えます。リハビリってマジで重要で、ずっと入院してて体動かしてないとマジ体力無くなるんですよ。それこそ比喩になりますが、1000歩も歩いたら50回はゲロ吐きそうになるぐらいに体力が落ちます。退院後の復帰を考えると真面目にしたほうがいいです。これ真面目にしないと長期入院になったとき期間に比例して体力がなくなります。あと、ベッド上で一日のほとんどを過ごすことになるので精神的ガス抜きの面も持っていると思っています。結構いい気分転換になる。私はかなりリハビリの時間好きでした。まぁ点滴とかは時期に抜けてきて飯が解禁されます。初めて内臓系で入院した人は病院食のまずさは覚悟しておいたほうがいいです、特に普段の食事では味の濃いものを好んで食べるから毎食味が濃い人とか。肉と魚と米しか食わないで野菜を普段食わない人とか。全部私のことなんですが。ここで一点あげるとすれば、看護師さんに「これが好き」「これは食べれないから出さないでほしい」などの要望を出しましょう。病院によると思いますが、真摯に対応してくれると思います。私はこれで赤魚を排除して毎食果物ゼリーを出してもらってました。甘味が染みる。最初のうちは重湯とか三分粥とか五分粥とか、味ないしおかずと組み合わせても味しないとてもこの世の食べ物とは思えないものが出ますが、時期に普通の食事に近づいていくと思います。そうなると退院は一歩手前です。そのころにはある程度自由に動けるようになってると思うので自分でも退院の近づきを実感すると思います。リハビリとかでも入院前のちょっと疲れてるときぐらいまでの体力には戻ってると思います。んで退院。退院は特に書くことないです。その時にテレビカードの清算とかのやることは忘れないようにしましょう。そうだ、テレビ。病室内にテレビあるんですけどテレビカードがないと見れないんですよね。1000分で1000円になっています。時間は1000分か怪しいけど値段はどこの病院でも絶対1枚1000円だと思います。テレビカードの残高で冷蔵庫も使えます。150円で24時間分の使用権。まぁ冷蔵庫は売店行けるようになってからですかね。活躍の機会は。冷たい飲み物しか飲めない人はご活用ください。ぬるくてもいいなら別に使わんでもOK。テレビにも共通しますが別に使わんなら料金は発生しません。あとは退院前に経過観察で次回再診する日決めたり、栄養指導受けて終了。2回目はまぁこれぐらい。

嘘。2回目で一番嫌だったことを書いていませんでした。尿道カテーテルしました。上手く配慮できないので見たくない人は画像が出てくるあたりまで飛ばしてください。見たくない人のために改行しまくっておくので見たくない人は存分に画像が見えるまでスクロールしてください。とは言ってもPC上では6行ぐらいの短い文章ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

これを見てるってことは”覚悟”決めてきたってことですね。ってジョジョみたいな前振りはさておいて、尿道カテーテルについて。

私は男なので陰部から直で尿道に管を刺していた訳ですが、まぁマーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーージで痛い。いつがっていつでも。刺す瞬間も刺してる間も抜くときも。刺してる間は動いてても動いてなくても痛いですが、寝返りうった時がこの世に絶望するぐらい痛かったのは覚えています。それ以降刺さってる間は寝返りをうてなくなるほどには嫌です。刺す瞬間は滅茶苦茶ふらふらしてたのであまり記憶がありませんが、抜く瞬間は意識がある時だったのであまりの痛さに死を覚悟しました。あとカテーテルって思ってるより3杯は長いのが入ってるので抜いてもらうときは覚悟したほうがいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

んで今回。今回は特にひどくなかったので、10日程度でした。あと画像データがちゃんとある。ブログ書くように写真結構取ってました。おもろいし。

........知らない天井だ。って遊べるしね。ちなみにコレは救急搬送されて入院が確定して待機してるときに撮った写真です。救急外来の部屋って普段入らんからガチ知らない天井ができる。(ただし1病院1回限り)

......知らない天井だ。(2回目)

病室(大部屋)に移動して天丼をしてまぁ今回の入院、点滴刺してベッドで寝て起きてる間はスマホ触ってただけなので書くことないんですよね。軽傷だったから移動自由だったのとたま~に検査したぐらいで。

飯はまずかったのでおまけについてきたヨーグルトと低脂肪牛乳が生命線でした。まぁ点滴刺してたんで取らなくてもよかったんですけど。

結構書いたし終わってもいいな。終わるか。最後に点滴が終わって時間が経つことで血が逆流してる写真を貼って今回の記事は終わりにします。ご閲覧ありがとうございました。

 

本文が終わったのであとがき。昨日退院しました。(編集時点で)入院中PC触ってなかったんでタイプスピード落ちてるだろうなぁ、とか考えてたけど今回は!!ネタがちゃんとあったので1時間弱で4000文字ぐらい書けました。いつもならネタがないから考えながら書いているので1時間ぐらいで2000文字ぐらいですが、結構な進歩。いい発見ができたかも。入院中はFGOのメインストーリーとdアニメストア頭文字Dを観ていました。おもしろかった。FGOは全く手を付けてない状態から2部6章を完走し切りました。えら。モチベ落ちてたけど面白いから詰まらずにやれました。戦闘で「オイコイツ終わってんだろ」ってやつは居ましたけど。ケルヌンノスお前だよ。気合で2コンかな?エルキドゥがめっちゃ強かったです。あいついなかったら多分5コンはしてた。頭文字DはSecond StageとThird Stageを見ました。今Fourth Stageも見てます。やっぱりプロジェクトD編、面白いよ。Secondのニューハチロクになってからもいいけど、Fourthの拓海と啓介の加速するライバル関係、いいんだよな。ここからしか接種できない養分がある。

 

てなわけで今回の記事は以上。少しいつもとテイスト違うかな。自分では違う感じにできたと思う。打ち消しを普段より多用したからかな。

Twitterやってます。

twitter.com

Instagramもやってます。こっちはTwitterより動かないよ。見るもんもないし。

夜月零 (@yazukiray) • Instagram photos and videos

イカを買った。

仕事がない日の会社っていつもこう。

どうも。夜月です。

今回の記事は会社に出社したはいいものの業務が無い暇な時間がかなり発生したためスマホで書いています。

今回も恒例になっておりますがタイトル通り。

イカを買いました。イカって言っても、

イカ(烏賊・鰞・柔魚・魷・墨魚・鰂 英語:squid(ツツイカ)またはcuttlefish(コウイカ))は、海生軟体動物の一群である。分類学上は軟体動物門頭足綱十腕形上目(または十腕形目) Decapodiformes とされる。十腕目 Decembrachiata とも。英語では体内に甲を持つものを英: cuttlefish、ないものを英: squidと呼んでいる。』(「イカ」のwiki参照。)

…って感じのよく見る食べられる方ではなく、スプラトゥーン3の方です。私はスプラトゥーンシリーズのことをイカと呼んでいます。理由はスプラトゥーンを知っていれば何となくわかるでしょう。プレイヤーが操作するキャラクターがイカだからですね。3はタコも操作できるんですけどそこは置いといて。

スプラトゥーン、私は厨房の頃に友人宅で無印のやつで初めて触ってから3まで一切触っていませんでした。理由は明快。Nintendoハードを持っていないことと私がFPS/TPSと呼ばれるタイプのゲームのセンスが壊滅的に無いからですね。正直後者がでかい。見る分には楽しめるのですが、いざやるとなるとまぁカメラ操作が下手で。スプラ3でもそうなんですけどね。ゲームって楽しむためにやっているのにわざわざゲームでストレスを貯めたら本末転倒じゃないですか?それが明確に見えていたので避けていました。フロムソフトウェアのゲームをやらない理由と一緒です。

まぁここまで否定的なことを書きましたが、見ている方は(じゃあなんでこいつ買ったんだ…?)となっていると思います。まぁそうだろうな。俺だってそう思う。

ということでここからは買った理由なのですが、まぁ食わず嫌いでやらないのもアレだしSwitchオンラインのカタログチケットの余ってる1個どうしよっかな〜〜〜〜〜〜〜〜〜ってなって買いました。その場のノリですね。後は私が入ってるDiscordサーバーでみんなやってたってのも大きいです。前回の記事ではFF14にどハマりしていると書きましたが、スプラやってみるとまぁ面白い。久しぶりにゲームに対しての熱意を取り戻せた気がします。恐らく4年振り。中2だかにPSO2にハマった時と同じですね。それ以上遡ると本当に小学校低学年がピークなんですけど。まぁ今はスプラ3とFF14を同じぐらいの塩梅で進めています。結構どっちもどっちで個性が分かれていて片方だけに依らない楽しさがあるのでいいですね。

…と、長々と序文を書いていましたがやっと本文。スプラ3どれぐらいやってるのって話ですね。こんだけ書いてますけど実はそんなにやっていません。先週の金曜に買ったのと私だって社会人なので時間がありません。普通に体力は無い側の人間なので23時に寝ないと確実に翌日の業務に支障をきたすのでやれる時間に限りがあります。あと自分の部屋がないので家に着いたからとはいえすぐにはやれません。親が面倒なので。という前フリはここまでで。実際にやってる時間はこちら。f:id:l96emz:20220929092531p:image

まぁ頑張ってるほうじゃないですか?27日に全然やってないのはバカ眠すぎて家着いて1時間で寝たからです。やはり色んなゲーム(特にFF14FGO)を並行してやっているので、土日だろうがあまり大差ないんですよね。自由時間は3.5倍くらいあるけど。続いて勝率関連。


f:id:l96emz:20220929093322p:image

f:id:l96emz:20220929093214p:image

f:id:l96emz:20220929093240p:image

f:id:l96emz:20220929093338p:image




およそプラベでめっちゃ負けてます。一緒にやってる人達がみんな上手い。本当にエイムがうめぇんだわ。キーマウの上位勢か?ってレベルで合わせてきます。私はまぁエイムをしない(できない)ので、パブロ一択です。エイムが必要ないってありがたいですね。インファイトにさえ持ち込んじゃえば大概有利なのがありがたいです。連打だけは自信あるので。

まだ発展途上国ぐらいのPSですが、やはりインファイトだけでキルは取れています。まだルールとか武器毎の強みとかはなんも理解してないですね。バンカラフェスに行くと52ガロンしか居ないこととスクスロがカスなのとオフロのヘイトの稼ぎ方が異様ってことしか。もれなく全対面苦手です。オフロだけは知り合いからインファイトされるとしんどいって聞いて多少苦手意識減ったけど。ちなみにウデマエはB-です。やってなかっただけで時期に上げてくつもり。

まぁこんな感じ。今まではほとんどのゲームをソロでやってきた私からすると知り合いと一緒にパーティを組んで一緒にやるってのがめちゃくちゃ楽しいですね。マジで。

ということで今回は終了。もし一緒にやりたい人がいたら下にSwitchのフレンドコード貼っておくので申請してください。居るかは知りませんが。申請は一応全部通します。知り合いなら何かしら連絡してくれるとありがたいかな。分かりやすいので。

SW-6378-0810-2803

Twitterやってます。

twitter.com

Instagramもやってます。

www.instagram.com

 

 

 

※この記事木曜日に書いてたけどスマホからだとリンク埋め込みのやり方わかんなくて「家帰ってからPCでやりゃええか~~~~~~~」って思ってたら滅茶苦茶に上げるのを忘れていました。なので序文あたりに書いてある職場系の話は全部木曜日のことだとお思いください。

外に出たくない。

仕事を辞めたとしてもゲーセンあるし結局外には出る。どうも。夜月です。

珍しく一か月以内の投稿になりそうですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

私は平日の朝9時からブログを書いていることからわかるように、有休を取ってサボっています。いや、言い方が悪いな。会社が労働基準法違反にならないよう法令を遵守しています。有休って年次に5日取得しないと労基違反になるんですよ。皆さん多分知ってますよね。さすがに。学生なら知らんでもおかしくはないけども。

まぁ余談はさておき、今回のテーマはこちら。

FF14です。前回の記事に書いた福岡に行ったときにネカフェで始めました。

 

l96emz.hatenablog.com

8/26からですね。厳密には。門司港に行く前の小倉の快活CLUBを出る前にちょっとやったのが最初なので。まぁ愛知に帰ってきてから家のPS4で暁月パッケージを買い、やっていったら久しぶりにドハマりするゲームに当たったからめっちゃやってるって感じですね。最近は本当にFF14が生活の基盤になっているまである。FF14とマスターデュエル(青眼新規が来たから)とFGOぐらいしかやってません。最近は。こう客観視してると終わってるな。って話は置いておいて。

FF14、かれこれ初期バージョンから数えると12年も続いているオンラインゲームです。なので、今までは月額課金が~とか、古参が~とか思ってて辞めてましたが、社会人になって月額は払えるし初めて見たら思ってたよりも初心者への風当たりがきつくなかったので続いてる感じです。あと爆裂にストーリーがいい。(個人の感想です。)FF14はシナリオの区切りとして、「新生エオルゼア」「蒼天のイシュガルド」「紅蓮のリベレーター」「漆黒のヴィランズ」「暁月のフィナーレ」という5つがあります。ちなみに5つ全部が大型アプデです。2年に一回周期で来るらしい。となると、12年前は何なの?ってなるかもしれませんが、「新生エオルゼア」の前ということでゲーム内のとあるイベントの前の世界となっているらしいです。よくわからんけどすごい。

今から始めると「新生エオルゼア」からなのですが、まぁシナリオが長い。シナリオを飛ばす機能もありますが、使わずに全部読んで進めるとおおよそ30時間はかかるのではないでしょうか。てかたぶんかかってます。私が。MMORPGなのでしっかりとした戦闘もあるのですが、最初の最初とかマジで無ですね。アクション数が少ないので。シナリオとしては、NPCから遠くのNPCに会話させることを求められるいわゆるお使い系のことをかなりやらされます。ここさえ耐えられればFF14は楽しめると思います。

お使いを乗り越えたら戦闘なので、蓄積されたストレスを全部開放する勢いでエネミーにぶつけます。一番気持ちいいかも。シナリオは長いのはそうなんですが、なんだかんだ世界観の理解のために読んだり、なんでこのクエストをしているのか、という根本の理解にもつながるため、私は飛ばさずに読んでいました。「蒼天のイシュガルド」の終盤まできても全部読んでます。なぜなら面白いので。FGOと同じ感じですね。まぁちょっとした苦情を挟みながら、戦闘の話をば。

FF14の戦闘システムはかなり好きです。古風なMMORPGって感じでかなり好き。技ごとにリキャストタイムがあったり、特定状況下で技同士のコンビが発生したり、マルチプレイでの協力要素など、まぁいろいろありますが私が一番好きなのは、FF14の圧倒的グラフィックで行われる高速戦闘が楽しいから。という点があります。FF14、PCならそれなりのスペックが要求されることから分かるように、かなりグラフィックに力が入っています。マジですごい。同時に何千人もプレイしながらあのグラフィックを保ち続けられるのはFF14の物理サーバー本当に凄いなって思います。ちょっとずれた気がしますが、FF14はそれぞれ、「タンク」「ヒーラー」「DPS」の大まかに三種類の戦闘ジョブがあります。その中で、「タンク」なら「ナイト」「戦士」「暗黒騎士」「ガンブレイカー」、「DPS」なら....(DPSは近接DPSと間接DPSの2種類に分かれています)って感じでジョブが分かれています。私がメインにやっているのは、近接DPSの「竜騎士」です。FF4のカインが好きだからってのもあるけど、ゲーム内で入手できるAF(アーティファクト)装備がマジでかっこいいんですよ。

AF装備

カッコいいでしょ。モンハンワールドをやっていた方なら見覚えがありすぎるかもしれませんが、その通りです。ドラケンです。ちなみにゲイボルグもちゃんとあります。

ゲイボルグ

まぁ厨二病なら全員好きでしょ。もれなく私は大好きですが。この見た目で戦闘できるんですよ。よくないですか?いいでしょ?(勢い任せ)

とまぁ、ちょっとずれましたので軌道修正。竜騎士はかなりスピード感ある戦闘ができます。技同士のコンボはもちろん、途中で発動できるインスタントスキル(ちょっとリキャストが長いけど基本即時発動できるタイプの技)がコンボの合間に挟み込めるので、結構アドリブ込みで戦闘ができます。高難易度まで行っていないのであくまで最初のうちはですが。まぁ技の合間に技挟み込めたら気持ちいいよね。って感じでやめられなくなります。最初のほうはぜんっぜん技の数が少ないので単調な戦闘になりがちですが、レベルが上がり技数が増えればインスタントスキルも比例して増えていくので戦闘での爽快感が上がります。というよりも現状かなり上がっています。たのしい。

また言いたいことから逸れちゃったな。ここからはまじめにちゃんと言いたいこと書きます。FF14は多くのジョブ(現状20種類)があり、そのそれぞれがちゃんと個性を持って戦うことができます。「タンク」の4種ならPTプレイでのヘイト稼ぎ・味方の防御面での補助や「ヒーラー」の4種ではPTの体力管理やバフ・デバフ等の攻撃方向でのサポート、「DPS」の12なら各種多様な攻撃手段でのコンボや技の組み合わせ、システム面での強化があったりなど、それぞれの個性があります。どれ選んでも大多数のゲーム以上のやりごたえがある戦闘がFF14の魅力の一つではないでしょうか。私は少なくともそう思います。まだやってないジョブがほとんどですが、触ったジョブはどれも快感がありながら考える点があり、ワンパターンな行動を繰り返しているだけではいずれジリ貧になって負けてしまう塩梅がとてもいいなと思います。張り合いが全くなく、無双ゲーのような「俺ツエー」も楽しいのですが、なんだかんだリスクと向き合いながら最良の選択を考えなければならないFF14のような戦闘システムのほうが楽しいんですよね。PTでの協力要素もソロでの思考しながらの戦いもいいなと思います。

真面目パートおわり。戦闘はもういいかな。ちょっとストーリについて喋りたい気分。

上にも書きましたが、FF14は戦闘だけでなくシナリオもいいです。ネタバレにならない程度に話したいのですが、まぁネタバレがでたらそこはご愛敬って感じで。

現状「蒼天のイシュガルド」まで進めましたが、今回のテーマとしては「新生エオルゼア」という感じで。大まかな話としては、「エオルゼア」という世界を救おう!!って感じ。ネタバレ回避するとこうなっちゃうな。まぁ「エオルゼア」には3つの主要国的なのがあって、「グリダニア」「リムサ・ロミンサ」「ウルダハ」という3国があります。それぞれの国の問題を解決していたらいつの間にか「エオルゼア」全土を揺るがす問題と対峙して....って感じです。ここから先はネタバレしか書かなそうなので止めます。えらいね。

「新生エオルゼア」では敵として出てくる「帝国」との戦いがメインです。「帝国」軍のキャラクターはぽっと出だったけどどいつも行動原理はわかるやつでわけわからんキャラ出されるよりはよかったです。味方キャラが魅力的なのも良かったですね。シナリオの出来としては最終盤に面白さが詰まってたかなって。全部面白かったですけど終盤は特に止まりませんでした。あと、FF14はオンラインゲームってこともあって、「新生エオルゼア」の大型アップデート以降から「蒼天のイシュガルド」までの間に追加ストーリーがあったんですけど、これも良かったですね。というより、こっちが「蒼天のイシュガルド」までのつなぎとして100点でした。「蒼天のイシュガルド」ではちょっとね、いや大分シナリオ良かった。今までやったゲームの中でもトップクラスに良かったですね。流石に現状まだ1位のテイルズオブエクシリア2には及びませんが(エクシリア2が好きすぎるだけ)、とあるシーンではボロ泣きしました。ゲームで泣いたのはかなり久しぶりでした。というよりも近年はあまり泣いていなかったから人生上でも久しぶりですね。少なくとも3年は泣いてなかったので。ドライアイとかの目の乾燥系を除けば。感情が昂って泣くのはマジで久しぶりでした。シナリオちゃんと読んでたからちょっと心苦しかったですね。書きたさもあるけど、この記事読んで「FF14始めたいな」とか思った人はマジで頑張って「蒼天のイシュガルド」まで進めてほしいですね。できれば全シナリオ読んで。多分同じとこで泣きます。人の心があれば。

 

_______________________________________

オタクが好きなとこ喋るだけになったので今回は以上。

マジでね、FF14面白いので皆さんに始めてみてほしいですね。年間200万人ずつユーザー数も増えてるらしいし今ならLV80(最大LVは90)まで経験値にブーストがかかっているのでかなりレベルも上げやすいし、何よりも快活CLUBなどのネカフェで始められるので。一回やってみてほしいですね。ネカフェで2,3時間やってみて肌に合いそうなら家でパッケージ(物理パッケージではなく拡張データパッケージです)を購入してみて、月額課金で毎月1500円弱を払えばプレイできます。拡張パッケージは6300円ぐらいしますが、6300円でフルプライスのゲーム5本分のストーリーを楽しむことができると考えたら安いものではないでしょうか。私はまぁかなり安いと思います。なんてったってFFだしね。この記事を見て興味を持ってくださったら幸いです。一緒にやる人を募集しています。ボッチなので。データセンターはGaiaでワールドはTiamatです。よろしくお願いします。

Twitterやってます。

twitter.com

Instagramもやってます。Twitterと上げてる内容はほぼ変わりませんとか以前は言ってましたが割と中身変わってきてます。(主観)

とか前の記事でほざいてましたがほぼ同じです。あげる時間帯が違うぐらい。

知らん間に埋め込めるようになってたので今後は埋め込みます。見栄えいいだろうし。

www.instagram.com